1月に帰ったばかりですが、また帰っていました。今回は去年出来たばかりのホテル「Hotel緑園通」。

母が言うところには、「そこ、老人ホームだったところよ?!」とのこと。老人ホームがホテルとしてリノベーションされたのかしら??と、思っていました。

宿泊の1ヶ月前にホテルからお手紙が届き、その丁寧さに感心。
FullSizeRender
手づくり感溢れる雰囲気あり、新しいホテルにはいつもワクワクします。

1泊3700円(税込)と、いつもの予算よりは少しお高めですが、このホテルに決めた決め手は実家から近いということ。家まで徒歩圏内、いや、元通学路。学区内なのです😆

この辺りは市電が通っておらず、バスは最終が早いですのでタクシーを使うことが多く、であれば徒歩圏内がいいと、このホテルに決めました。

こちらがホテルです。
FullSizeRender
写真では見えなくなっていますが、ホテルの緑の看板の裏にローソンがあります。

うーん。。。このホテル、私達にはとても良かったので、ホテルの不利になるようなことはあまり言いたくはないのですが・・・

じゃらんのホテル案内には「函館アリーナが近い!」と書いてありますが、遠いと思いますよ⁉️😅この辺には何もありません。住宅地です⁉️

「散策路「緑園通り」の起点に位置し」と書いてありますが、この「緑園通り」というのは私が小学校の頃にできたのですが、通称「自転車道路」と言い、自転車専用の道路を作ったというだけのことで、当時は画期的なイメージでしたが、こんな感じのものです↓
FullSizeRender

ここは本当〜〜に地元の住宅地です。
こんな所にホテルができたという事自体、意表を突くレベルで、私にとっては好都合😍観光の方にはどうなんでしょう??

ただ、居心地はかなりいいです。
コスパも悪くない。
私にとっては最高です。

〜最高と思う理由〜
① 実家が近い
② 部屋が広い(1DK)なのに安い
③ 値段の割に朝食が豪華
④ スタッフの感じが良い

老人ホームのリノベーションかと思い来てみましたが、実際には違いました。こちらがホテルなのですが、建物が2つになっており、宿泊棟とフロントが違う建物になっています。
FullSizeRender
フロントのある棟が“高齢者用の下宿”になっており、ホテルのある棟が外部の人用の宿泊施設になっています。

フロントからお部屋に行くのに外を通らなければならないので、初日の夜、雨で少し濡れました😅

フロントはこんな感じです。
FullSizeRender
感じのいい男性が対応してくれましたが、本当にもうこの辺の地域の人という感じで、いい意味でホテルのフロントマンという感じはありません。4泊しましたが、少人数で切り盛りしているようで、一人の人がフロントの受付もやるし、タオルの交換に宿泊棟にも現れるしで、フル回転されていました。

ホテル側の建物に入ると、なんと、すぐに食堂とエレベーター!少し意表を突きます。

エレベーターは笑っちゃうほど小さいです。

先ほどのフロントの方が、お部屋まで案内してくださったのですが、エレベーターに乗る前に「狭いですので、申し訳ありませんが詰めてください。」と言われるほどです。 3人で詰めるって・・・😅

確かに定員3名と書いてあります😅
IMG_2394
3人でギュウギュウでした😅

ナノイーや微風などというエレベーターではあまり見たことのないボタンもあり、狭いので臭うこともある?のかしら??と、謎を深めました。

ちなみに180センチの夫が入るとこんな感じ。1人用とも取れなくないです😆💦
FullSizeRender

ですができたばかりとあり、館内全体はとても綺麗です。気持ちいいです。
FullSizeRender

お部屋は入るとこんな感じ。


リビングというほどの大きさはありませんが、普通のビジネスホテルのようにベッドと簡易デスクのみというわけではなく、ダイニング一つあるのでかなり寛げます。
FullSizeRender

しかし、ドアにチェーンなどはなく、こういった所が高齢者施設の雰囲気を醸し出しているように思いました。
FullSizeRender

使い捨てのスリッパです。何故これを大写しにしたかにはワケがあります。
FullSizeRender

こちら基本的に一度チェックインするとお部屋にスタッフは入りません。掃除はお願いすると入ります。と言っていましたが、基本、入らないようです。タオル交換だけしてくれます。

良く取ると、部屋が自由に使えます。気を使う必要がありません。タオルの交換は、使ったものを廊下に出しておくと、新しいタオルをビニール袋に入れてドアにかけておいてくれます。

ですが、入ったら入ったままなので散らかる人は散らかるでしょうね。ある意味もう一つの我が家?!

ホテルというよりウィークリーマンションのような感じかもしれません。

寝室の方はこんな感じ。
FullSizeRender

かなり大き目のクローゼットが備え付けられています。
FullSizeRender

下はこの布団を敷いている部分のみ、畳ではなく、、畳もどきの敷物?が敷かれています。
FullSizeRender
ちょっと驚いたのは、全て土足で、この畳もどきの上だけ靴を脱ぐということ。

そして話は戻りますが、簡易スリッパですが、宿泊期間中ずっと交換なしでこのスリッパを使いました。4泊でしたので最後の方は、もうヨレヨレ。トイレに入る時ちょっと気になりました。

さて、エレベーターが小さかったですが、お風呂も似たような雰囲気があります。なぜ、みんなこんなにもスモールサイズなのか?!
FullSizeRender
FullSizeRender

写真だとお伝えしづらいですが、洗い場は大人一人が正座する分くらいのスペースで、風呂桶もそのサイズ。あまり寛げはしません😅

もう一つ気になったのは、お風呂にはよくビジネスホテルなどではボディソープのボトルやシャンプーリンスのボトルがありますが、そういったものはありません。このように使い捨てのボディソープとシャンプーが一人一日1袋ずつ。
FullSizeRender
これで体を洗うのはちょっと不便でしたので、隣のコンビニで固形の石鹸を買い、5日間使い回しました。

洗面所はなく、こういった簡易台所があり、ここで顔を洗ったり歯を磨いたりしました。
FullSizeRender
電気ポット、ドライヤー、コップなど、簡易的にではありますが、だいたいは揃っています。

冷蔵庫にミネラルウォーターが5本。これはサービスでした。
FullSizeRender

緑茶が1日分。
FullSizeRender

全体的な印象としては、
まず、新しいので綺麗。
広いので寛げる。
スタッフの人が手づくり感溢れていて和む。
お風呂が非常〜にコンパクトで洗面所がないけれども、特にすごく不便というわけでもない。
全体的には良い印象です。

☆補足ですが、アメニティーに「リンス」がありませんでした。初日、寝る前に気づき、買いに行く元気がなかったため、翌日悲惨なことになることを覚悟でシャンプーのみで使いましたが、翌日髪の毛はスルスルでした。表記は「シャンプー」ですが、もしかしたらリンスインシャンプーかもしれません。メイカーは資生堂で、使い心地は意外にも良かったです。