ホテルのおススメで近くの「にしき温泉」に行ってみることにしました。

ホテルのお風呂が小さいからというよりも、こんなところの温泉に入る機会などまずないので、滅多にない体験として入っておきたく、レポートがてら行ってみます。(☆こんなところ=自宅近辺の学区内)

場所は近いというより、もう真向かい!
FullSizeRender
季節外れの3月の雪でしたが私は上着も着ずに向かいました。(そのくらい近い)

地図ですと遠く見えますが、本当に横断歩道を渡るとすぐそこぐらいの近さです。(これが地図でいう松友オートのところです。もう見えます。)
IMG_2414
こちらは駐車場。あちらこちらに「にしき温泉」と書いてあるのでわかりやすいです。
IMG_2413
こちらが正面玄関。
FullSizeRender
入るとロビーはこんな感じで、地域の銭湯の割には新しくて綺麗です。建物全体が新しいですね!
FullSizeRender
ロビーを前にして背中側に入口があり、入口のところに靴箱があります。
FullSizeRender
こちらロビーから撮った写真です。小さく番頭台?受付があり、お決まりの瓶牛乳やアイスが売っています。男湯はもうこちらですね。
FullSizeRender
女湯は奥の方にあります。
FullSizeRender
驚いたのは(しつこいですが地域の銭湯の割に)けっこうオシャレで、廊下の壁には絵やオードリーヘップバーンの写真が大きく飾られていました。

その一番奥に女湯があります。
FullSizeRender
中はさすがに撮れませんし、撮影禁止。スマホの持ち込みも禁止も書いてありますので、レポートだけ書きます。

ネットでは7時半頃から空くということで7時半に行ったのですが、女湯は激混みでしたね😅観光というより本当に地域の人が毎日?入りに来ているのでしょうか?地元のおばちゃん方が交互に背中を流し合うシーンあり、20人くらいはいたように思います。

対する男湯は・・・
夫はこの日2回目のにしき温泉で、前々日の昼間に一度入っています。その時も激混みだったそうで、全然リラックスできなかった!と言っていたのですが、この日は空いていたそうです。3人くらいしか入っておらず、かなり寛げて最高!と。ネットの情報は男湯の方だったのですね。

このように大変寛いでいます。
FullSizeRender

「にしき温泉」さんへ行く時の注意点としては、ネットに「石鹸シャンプーなどが置いていないので持参」とのことでしたが、本当に何もありませんので、入る方は「石鹸、シャンプーリンスはもちろんのこと、タオルも持参」で行かなければなりません。受付で買うこともできますが、皆さん、My湯籠を持ち歩いています。

混んではいましたが、明るくて綺麗だったので気持ちは良かったです。漢方薬湯を期待して行ったのですが、それより源泉掛け流しの半露天風呂がよかったですね。お湯がすごく透明で澄んでいて気持ちよかったです。

もう一度行くかについては、そうですね〜
混んでいなければ、行ってもいいですネ